Petits carrés aux épices façon carrot cake

洗練さが魅了するアジア

日出づる国、日本では、ラ・ペルーシュは数十年も前から有名レストランで使用され、また高級食料品店で販売されています。
茶道を代表とする、非常に洗練された伝統を持つ日本では、独特の味わいを持つこの素晴らしい砂糖は、味にこだわる美食家やフランスのライフスタイルに非常に敏感な人々を魅了しています。

レシピ:キャロットケーキ風スパイシーケーキ

材料(6人分)
ニンジン 150 g
全卵 2個
ラ・ペルーシュ カソナード 80 g
オレンジ 1個
シナモンパウダー 5 g
塩 ひとつまみ
オイル 5 cl
小麦粉 30 g
アーモンドパウダー 100 g
ベーキングパウダー 1袋
クルミ 50 g

作り方:
卵とカソナードを混ぜます。オイル、オレンジの皮と果汁を加えます。アーモンドパウダー、小麦粉、ベーキングパウダー、シナモン、塩を加えます。すり下ろしたニンジンと細かく刻んだクルミを加えて混ぜます。
型の3/4まで生地を入れ、200℃のオーブンで20分焼きます。

ワンポイント:
紅茶と、ラ・ペルーシュの不揃いな形の砂糖と一緒にお楽しみ下さい。

南米